本気で AOR 特集!vol.1

ミネラルウォーターサウンドスタジオの音響チームが携わらせて頂いたイベント 本気でAOR Night 実際に演奏された曲目を中心に、ミュージシャンの背景まで、ブログ記事で書かせていただきました。 ですが、もう少し掘り込んでいけたらと思い、もうAOR 特集! としてしまえと、大風呂敷を広げてしまった、と言うわけです。 AOR は、日本とアメリカでは解釈が少々違います。 AORはアメリカでは、 Album-Oriented Rock(アルバム・オリエンテッド・ロック)と言われ、シングル狙いではなく、アルバムでじっくり聞かせるアーティストの音楽をさしています。 つまりが、シングルカットを基本しないバンド。っていうことで理解しても間違いないと思います。 なので、アルバム・オリエンテッド・ロックの場合、結果的、そのサウンドイメージやバンドの姿は、プログレッシブ・ロックがそれに当たります。 余談ですが、60年代半ばからすでにアメリカラジオ局ではAORという分類がされていたとか。 ヒット曲のみを流す放送局に対し、商業ベースに乗らない曲を積極的に流すラジオ局のことをさしていたそうです。 言葉のスタート地点がなんとなく想像できちゃいますね。 日本では、Adult Oriented Rock(アダルト・オリエンテッド・ロック)と解釈されました。 大人向けのロックと、解釈されます。 代表的なミュージシャンは、Boz Scaggs(ボズ・スキャッグス)、Christopher Cross(クリストファー・クロス)、Bobby Caldwell(ボビー・コールドウェル)などが該当しています。 アーティスト

本気でAOR Night 特集!

音響チームが携わらせて頂いたイベント 本気でAOR Night で選曲されたものを中心に、ブログ記事にしてみました。 スタジオセレクションでもあるこちら、スタジオスタッフがどんな音楽に興味があり、どんな音楽を聞いているのか、という特集も先々でできたら面白いなと思っております。 不定期更新になりますが、どうぞよろしくお願いいたします!! AORとは AORとは、Album-Oriented Rock(アルバム・オリエンテッド・ロック)、Adult-Oriented Rock(アダルト・オリエンテッド・ロック)の略語であり、音楽のジャンルの一つである。 Album-Oriented Rock:アルバム・オリエンテッド・ロック アルバム全体としての完成度を重視する、Album-Oriented Rock 米国では、「シングルチャートを意識したものではなく、アルバム全体としての完成度を重視したスタイル」の意味で「Album-Oriented Rock」の語も使用[1]された。ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」、ピンク・フロイドの「狂気」やイエスの「こわれもの」、ザ・フーの「トミー」、キンクスの「ヴィレッジ・グリーン・プリザベーション・ソサエティ」などが該当する。 Adult-oriented Rock:アダルト・オリエンテッド・ロック アダルト現代音楽、Adult-Oriented Rock 「AOR」は1980年代の日本で音楽用語として用いられた。ボビー・コールドウェルの「Heart of Mine」が1988年に紹介される際、「Adult-or

おすすめの記事
Recent Posts
RSS Feed
​ブログカテゴリー
Archive
  • Twitter - Black Circle
  • Facebook - Black Circle
  • YouTube - Black Circle

お電話でのご予約・お問合せ:048-758-0445   お電話受付時間:10:00〜24:00

埼玉県さいたま市 岩槻区南辻124-5

ミネラルウォーターサウンドスタジオ

© 2015 MineralWaterSoundStudio All Rights Resarved.