• mineral

ギターとベースレコーディング


現在アルバム制作中のロックバンドのギター録音の日。

ベース録音の際には、本人が使用しているSANS AMP BASS DIからラインで。

途中に、GEQを挟んで音作りをしていました。

太くて芯のあるサウンド、出てましたねー。

スタジオスタッフも、AVID ProToolsバンドル SANS AMPプラグインをよく利用するのですよ。

キャラクターが同じなので、ハードも、ソフトも扱いやすいです。

さて、そしてギターは Marshall...と思いきや、ヘッドアンプにBOGNER ECSTASY

キャビネットは、いろいろ試した結果、Marshall 1960Aに落ち着きました。

そして、SHURE SM57は、がっつりオンマイクで。

57のオンマイクはやっぱり良い!


57のオンマイクは、やっぱり良い。

そのた写真は、Google+やFacebookアルバムなどにアップロードいたしました。

そちらもぜひ!

Google +

Facebook


8回の閲覧
  • Twitter - Black Circle
  • Facebook - Black Circle
  • YouTube - Black Circle

お電話でのご予約・お問合せ:048-758-0445   お電話受付時間:10:00〜24:00

埼玉県さいたま市 岩槻区南辻124-5

ミネラルウォーターサウンドスタジオ

© 2015 MineralWaterSoundStudio All Rights Resarved.