• mineral

レコーディング


少々前の話になるのですが、記事にしていなかったレコーディングの様子をご紹介。

また、ミネラルウォーターサウンドスタジオの備忘録としても。

自宅レコーディングを行なっている方々の参考にもなると嬉しいですね!


この日は、リズムトラックを持ち込んで、ベース・ギター・ボーカルの録音を行いました。

リズムトラックはMTRからの流し込み。

MTRのメインアウトからオーディオインターフェイス(I/O)のラインインへ接続。

信号の種類・インプット音量を合わせてまず録音。

録音後に、セッションデータのテンポ合わせを行い、各セクションにすぐにアクセスできるように毎回しています。

ドラムデータの流し込みが終わったら、早速他楽器の録音開始!


ヘッドホンミキサーには、それぞれベース・ギターが個別に音量調節できるように流れています。



ベースはラインでD.I信号のみを録音。

オンマイク・オフマイク両方でアプローチした結果

ギターはマイクをそれぞれSHURE SM57とAKG C3000をオンアクシスで。

写真では近く見えますが、10cm少々、ネットからマイクの距離はあります。

センターコーンは狙わずにそれぞれコーンの中心に向かって。

録音信号には過度なEQやコンプをかけずに、2本のマイク(位相合わせ済み)をバランスよく混ぜてギターの音をミックス。

2時間で一曲を仕上げたレコーディングとなりました!

お疲れ様でした!!

大小様々なレコーディングのご利用もお待ちしております!

ハウスエンジニアが作品を丁寧に作業いたします。

ミネラルウォーターサウンドスタジオで、ぜひ想いを形にしてください!

お問い合わせ、お待ちしております。


#Rec

  • Twitter - Black Circle
  • Facebook - Black Circle
  • YouTube - Black Circle

お電話でのご予約・お問合せ:048-758-0445   お電話受付時間:10:00〜24:00

埼玉県さいたま市 岩槻区南辻124-5

ミネラルウォーターサウンドスタジオ

© 2015 MineralWaterSoundStudio All Rights Resarved.