• mineral

音楽のジャンルってたくさんありますよね?<Part,2>


今回は<Part,2>ということで、前回(Part,1記事は→こちら)宣言した通り【EDM】、【ヒップホップ(ラップ)】、【レゲエ】、【ジャズ】を動画と共に一緒に学びながら聴いて行きましょう。

【EDM】

エレクトロ・ダンス・ミュージックの略です。ハウスやテクノとどう違うの…?と思いますが違いません。電子機器で作った踊れる音楽は全てEDMなのです。 定義としては、シンセサイザーやシーケンサーを用い、クラブやエンターテイメントの場で人々を躍らせるという目的のもとで、DJの道具として作られる音楽とされています。

例としては、、、


<SKRILLEX - RAGGA BOMB WITH RAGGA TWINS>
テクノやハウスに比べ激しく耳をつんざくような音が多いですね。昔からテクノ・ハウスでやってきている人たちをEDMと一括りにすると怒られる場合もあるので気をつけてくださいね!

<CTS - Yume Be The Light>

EDMとJ-POP、EDMとロックを融合したユニットも日本では最近多くなってきています。バンドセットだとsfprにあたります。

【ヒップホップ(ラップ)】

勘違いしている人も多いと思いますが、ヒップホップとは音楽のジャンルだけを指すものではなく、アートやファッション、ダンスなどを含んだ1つの文化であることなんです。

ヒップホップミュージック、またはラップミュージックと呼ばれる音楽は、打ち込みを中心とした曲にのせて、リズムを合わせてセリフ調で韻を踏むものです。

ちょっとややこしくなりますが、ヒップホップとラップの違いは、ラップはマイクパフォーマンスのこと、ヒップホップはDJ(スクラッチ)、ダンス、グラフィティを含みます。

例としては、、、


<Kanye West - Stronger>

ヒップホップとR&Bの違いは何?となってしまいますが、まず時代も違うし発祥の仕方も違います。どちらも黒人音楽であり、音楽的な特徴を見つけることは難しいです。ヒップホップってR&Bの要素も多分に取り込んでますしね…。


<RHYMESTER - It's A New Day>

RHYMESTERは「ヒップホップ」のグループであり、2人のMCと1人のDJで構成されます。MCとは歌う人、ラッパーのこと、DJは曲を操る人。ざっくりとヒップホップ=話すような感じ、R&B=歌う感じって思ってください。

【レゲエ】

ジャマイカで生まれたポピュラー音楽の通称です。偶数の拍にアクセントを置いたリズムが特徴的ですね。通常のバンドセットにくわえてトロンボーン・トランペットなどのホーンセクションで構成されることもあります。

例としては、、、


<No woman, no cry -Bob Marley>

レゲエを語る上では欠かせない「レゲエの神様」ですよね。


<Inner Circle - Sweat>

このバンドもレゲエでは有名なバンドです。


<湘南乃風 - 睡蓮花>

そもそもジャマイカのポピュラー音楽を指す言葉なのにジャパニーズレゲエって…。まあソウルですからね、ルーツや思想も大切ですが、かっこいい音楽ならいいんじゃないかと思います。(でも正確に言うと湘南乃風は「ダンスホールレゲエ」です。これだけ聴いてレゲエ好きなんだよね~って言うと地雷を踏みます。)

【ジャズ】

ジャズは一般的にジャンルとして判断しやすいですが、70年代以降ロックやソウルと混ざり合い複雑な発展を遂げてきました。きちんとした音楽理論を理解しつつ即興性の高い演奏力を求められる高度な音楽として捉えられています。

例としては、、、


<グレン・ミラー - In The Mood>

この曲は有名な曲ですね。「スウィング・ジャズ」に属するもので、1930~1940年に流行し、白人たちによる大人数のビックバンドで演奏されます。大人数で演奏するため全体のアンサンブルに重きを置き、即興で演奏される箇所はほとんどありません。


<Jamiroquai - Virtual Insanity>

皆さんも聴いたことのある曲だと思います。「アシッド・ジャズ」に属します。80年代後半から90年代にかけてイギリスで起こったムーブメントです(元々はレーベルの名前)。「踊れるジャズ」を目指したジャズ初心者でも聴きやすい音楽でもありますね。

音や動画で聴いて観ると、なんとなくではありますが特徴が解ってきますね。今回はちょっとルーツがややこしい音楽も出てきましたが、「あー、こういうイメージね…。」的な感じで良いと思います。

ラストの<Part,3>は、【ミクスチャー】、【カントリー】、【ポップス】を動画と共に一緒に紐解いて行きたいと思います。

Part,3へ

#Tips

47回の閲覧
  • Twitter - Black Circle
  • Facebook - Black Circle
  • YouTube - Black Circle

お電話でのご予約・お問合せ:048-758-0445   お電話受付時間:10:00〜24:00

埼玉県さいたま市 岩槻区南辻124-5

ミネラルウォーターサウンドスタジオ

© 2015 MineralWaterSoundStudio All Rights Resarved.