• mineral

現役スタジオミュージシャンが教える音楽理論講座--「理論打破シリーズ」8 コードの種類



​前回までの内容で、スケール、トライアドコードの仕組み、コードトーンについて触れました。

今回はコードの種類について進めていきましょう。

コードには種類があり、それはどういう音が載っているかで決まっています。

トライアドコード=スケールの1、3、5番目の抜粋という事は分かってもらえたと思います。

勘のいい方はお分かりかと思いますが、コードの種類によって、スケールの抜粋される音が変わるという事です。

ではどんなコードがあって、どういう抜粋で出来ているか見ていきましょう。◯の中にはそのコードのルート名が入ります。

◯ (メジャー)→メジャースケールの1、3、5

◯m(マイナー)→マイナースケールの1、3、5

◯sus4(サスフォー)→ スケールの1、4、5。メジャー・マイナーの違いは 無し(結果同じ構成音になるため)

◯M7(メジャーセブンス)→メジャースケールの1、3、5、7

◯m7(マイナーセブンス)→マイナースケールの1、3、5、7

◯add9(アドナインス)→メジャースケールの1、3、5、9

◯m add9(マイナーアドナインス)→マイナースケールの1、3、5、9

◯M7(9) (メジャーセブンスナインス)→メジャースケールの1、3、5、7、9

◯m7(9) (マイナーセブンスナインス)→マイナースケールの1、3、5、7、9

◯6(シックス)→メジャースケールの1、3、5、6

まずはここまで。いかがでしょうか?

スケールがしっかり弾けて、音の名前が分かる状態であれば、それぞれのコードトーンを導き出す事は難しくないと思いませんか?

コードトーンが増える程、コードの持つ響きが複雑になります。同時に、メロディーとして使える音、フレーズとして使える音の種類が増える事にも繋がります。

コードそれぞれの響きで、楽曲のイメージやジャンル感も変わってきますので、実際に弾いてみて、響きの印象を知っておくといいでしょう。

次回は他の代表的なコードの追加と、それぞれのコードの説明をしていきます。

Basement Guitar Lessons→http://basement-guitar.com/

<入会・申し込み>

https://www.mineralwatersound.net/guitarlesson

お問い合わせ

埼玉県さいたま市岩槻区南辻124-5

ミネラルウォーターサウンドスタジオ

TEL 048-758-0445

#Tips

0回の閲覧
  • Twitter - Black Circle
  • Facebook - Black Circle
  • YouTube - Black Circle

お電話でのご予約・お問合せ:048-758-0445   お電話受付時間:10:00〜24:00

埼玉県さいたま市 岩槻区南辻124-5

ミネラルウォーターサウンドスタジオ

© 2015 MineralWaterSoundStudio All Rights Resarved.