現役スタジオミュージシャンが教える音楽理論講座 「理論打破シリーズ」21 メロディックマイナースケールのダイアトニックコード

前回の記事から間が空いてしまいました。 制作案件が立て込んでしまい、なかなか時間が取れずでした。 さて、前回の内容を受けて、今回はメロディックマイナースケールのダイアトニックコードについて触れていきます。 マイナースケールには3種類あり、それぞれのスケールにダイアトニックコードが存在します。 メロディックマイナースケールにもダイアトニックコードがあり、ナチュラルマイナースケールのダイアトニックコードに組み入れて使われる事があります。 まずはメロディックマイナースケールのダイアトニックコードを見てみましょう。KeyはAmとします ①AmM7 ②Bm7 ③CM7(+5) ④D7 ⑤E7 ⑥F♯m7(-5) ⑦G#m7(-5) このようになります。 ナチュラルマイナースケールのダイアトニックコードとはかなり違いが見られます。 でも前回触れた通り、メロディックマイナースケールのダイアトニックコードは、それ単品で使う事はあまりないです。 ポップスやロックなどでは①と⑥が多く使われます。 ①では、通称クリシェと呼ばれるコード進行で出てきます。 例えば、 Am → AmM7 → Am7 → Am6という Amのコードのルート音が半音ずつ下がっていく進行で使われます。 ⑥も似たような使い方が見られます。 KeyがAmで考えると、ナチュラルマイナーのダイアトニックコード⑥はFM7ですが、このコードのルートだけを半音上げるとF#m7(-5)になります。メロディックマイナーのダイアトニックコード⑥と同じですね。 それを応用し F♯m7(-5)→FM7→Em7→Am7 のようなコード進行が良く使われま

おすすめの記事
Recent Posts
RSS Feed
​ブログカテゴリー
Archive
  • Twitter - Black Circle
  • Facebook - Black Circle
  • YouTube - Black Circle

お電話でのご予約・お問合せ:048-758-0445   お電話受付時間:10:00〜24:00

埼玉県さいたま市 岩槻区南辻124-5

ミネラルウォーターサウンドスタジオ

© 2015 MineralWaterSoundStudio All Rights Resarved.