レコーディング・ミキシングTips Vol.2「録音に必要なもの」

お待たせいたしました。 レコーディング・ミキシングTips Vol.2。 今回からいよいよ録音に向けた「具体的」な話題になっていきます。 その前に、前回のおさらいから。 Vol.1では、イントロダクションとして、「レコーディングの前提」について書かせていただきました。 ○レコーディングは、「記録」である 一言でまとめると、これだけです。 では、実際に「記録」していくために必要な物が今回のテーマになっています。 バンドメンバーであつまって、セルフで録音をしようということになったとします。 さて、録音をするにあたって、何が必要になるでしょう??? スタッフへ「録音に必要なものを言ってください。細かいものは付属しているもの前提とします」という問題を出したことがあります。 その時に帰って来た答えが ○レコーダー ○マイク と、いう回答でした。 「うーん、60点!」なんて笑い話をしていましたが、ご覧の皆さんはどうだったでしょうか。 「レコーディングに必要なもの」は、実は3つ+1しかありません。 1.レコーダー(録音機) 2.マイク(入口) 3.プリアンプ(増幅器) これにあえて追加で付け加えるのだとしたら、ヘッドホンやスピーカーといった出口に当たる部分です。 これも、録音中のものをモニターすることなので、録音をするにあたっては、必須ではありません。 レコーディングスタジオなどでは、たくさんのマイクや、機器。 画面ではプラグイン画面が大量に開かれていて・・・録音って大変なんだなぁ。と思っている方もいらっしゃると思いますが、どんなにたくさんの機器があっても、大量のマイクがあっても「3つ+1」

「ライブバンドとは。」vol.5

ども!連載も徐々に進んで来ました第5回!今回は番外編?って感じで! 前回の記事はこちら「ライブバンドとは」vol.4 スタジオ練習時やライブ時に、 意外と知っておくと便利なことについて書いていこうと思います◎ 【マイクスタンドのあいつに気をつけろ】 マイクは基本的に口を限りなく近づけて歌った方がいいんです。 マイクを離して歌ってしまうと、演奏の音に声量が負けやすくなります。 僕なりの言葉でまとめてみると、 マイクにはゲイン・ヴォリュームの操作で音量調節をします。 ゲインは声を通して音の信号を増幅させる、ゲインを通して音量の調節をするのがボリュームです。 ゲインをあげすぎるとハウリング(耳にきついキーンとした音)をしてしまいます。 きちんとしたゲイン・ヴォリュームのバランスを測るためにもマイクを限りなく口に近づけて歌う必要があります。 (ゲインについて、過去記事にもまとめてあります!コチラ) しっかり歌わなければいけないのに、弾きながら歌う時マイクスタンドが動いてしまう… なんてことありません? それはマイクスタンドにわかりにくいネジが緩んでしまうから。 まずはこちらの記事をお読み下さい! 「マイクスタンドのネジについて」 マイクスタンドって、結構多くジョイントされているんです。 今回はサクッと2点だけ。改めて注意してください! この2部分です! 皆さんもマイクスタンドのネジに要注意すべしですよー! しっかり締めれば問題なく安心して歌うことができます◎ 些細な不安が大きな失敗に繋がってしまう前に、しっかり確認しましょう! 【ケーブルうまく巻けません】 バンドマンが必ずと言っていい

音楽イベントとは。〜序章〜

4月から始まりました、「スタッフ連載」記事。石田が担当させて頂きますのは、 「音楽イベント」※以下イベント についてです。 自分が今まで体験・体感してきたことを主に話を進めていきたいと思います。 よろしくお願いします。 初回となるわけですが、本題に行く前にちょっと先に言っておきたい事があるんです。 (え?なになに?) 「自分、音楽イベントって嫌い!」なんです。 <ええええええええ!?> 「じゃあなんでこの記事書いてるの?」とか、「そ、そんな…!?。」と社会からのバッシングを浴びそうな発言ではありますが…。 まあまあ。少しだけ、「その理由」を聞いてください。 1つは、(主に※1フェス) <野外フェスの様子> 音楽イベントって、大規模になるほど沢山のステージがあり、沢山のアーティストが出演するじゃないですか。 そして観たいアーティストが別々のステージで同時間に演奏していたりなんてことも。 そうなると、1つのアーティストしかほぼ観れないんです。 (ステージが離れていると尚更です。) <2015 ROCK IN JAPAN タイムテーブル> 「なんでやねん!」 って、イベントのタイムテーブル(※2)が発表された時に思わず声をあげてしまいます。 そんな体験をしたことがある方は少なからず居ると思います。 だから、嫌なんです。 2つは、 「とにかく歩きたくない。」 「人混みが嫌い。」 <人混み> これを言ってしまうと、またまた、「じゃあ家から出るなよ。」とか、「イベントに行くな!」と社会からのバッシングを浴びてしまいそうですが…。 まぁ…というこの2点の理由からなんです。(あれ?3つじゃない

「ライブバンドとは」vol.4

ども!ころっけです! 連載も気づけば4本目になりました。 前回の記事はこちら 「ライブバンドとは」vol.3 今回は、ライブの準備について書き進めていこうと思います◎ そもそもライブ準備ってなにすんねん!! そう思う方がいてもおかしくはないのかもしれませんね。 バンドマンにとってライブとは、スポーツ選手の試合のようなものです。 試合の前の準備。そう捉えていただければわかりやすいかと思います! ではではさっそく本題へいってみましょう! 【ライブの日程決定〜前日】 ライブをする日が決まった!! そうなればライブに向けて準備が始まります。 ①練習 バンドのサウンドの確認や、セクションによるリズムの確認はもちろん、曲の細かな部分の再構成・確認作業が始まります。 当日のセットリストを組んだら、曲だけではなくライブ中の曲と曲の繋ぎ方はどうするのか。 曲中に微妙にすれ違いが起きやすい「間」を揃えるための時間です。 バンドマンにとってライブは重要であり不可欠です。 ベスト100%をメンバー全員で出し切るように練習します。 ②メンテナンス 個々の楽器をメンテナンスすることも重要な準備の一つ。 ギターやベースのネックの調子や、ジャック部分などの接続から ペダルなどのネジの緩みまで。機材の隅から隅まで細かく細かくメンテナンスします。 本番中に機材トラブルが起きにくくするためにも、 もちろん自分の機材ですから、長生きしてもらえるようにするのも持ち主の責任です。 調整に出しただけで音が良くなったりなど、明らかに変化が生まれます。 最近メンエナンスしてなかったらチェックしましょう!! ③物販は?自分にとっ

「ライブバンドとは」vol.3

ども!ころっけ連載第3回目です! 前回の記事はこちら 「ライブバンドとは」vol.2 今回はツアーなど、遠征時の話。 そもそも遠征って何??という人もいるかもしれません。 遠征というのは、遠方の地でライブをしてくることです!(そんくらいわかるわ!) ではなぜ遠征をするのでしょうか?? あの都内で活動するバンドってさ、めっちゃ関西でライブしてるよね…! 好きなバンド大阪のバンドなんだけど、毎月のように都内でライブしてるよね! あなたの気になるアーティストのライブスケジュールに注目して見てください、 結構全国各地に繰り出しているバンド多いんです◎ バンド活動をするにあたってわかったことは、 たくさんの人に知って欲しいという気持ちで各地に車を走らせ向かいます。 呼んでもらうきっかけは様々です。 ・自分たちのツアーで行く/バンドのツアーに呼んでもらう。 ・ライブハウスから声がかかるor出演のお願いをする ・自分たちを知ってくれている人から主催イベントに出演の依頼が来る 主だってこの辺りではないでしょうか。 ブッキングでライブに出演するときに地方からツアーで来ているバンドと仲良くなった、お客さんが主催のイベントを開いたときに出会った、きっかけは様々です。 人と人が繋がって次に繋がるのもまたバンドの楽しいところでもあります。 【移動はどうしてるの?】 バンドは、基本的に車で移動します。(結構マジ) 特にインディーズ・無所属のバンドほど車で移動している傾向にあると思います。 長いときには6−9時間や1日を移動に費やしたり、車中泊をしたり… よくある下積み時代の話的なやつを連想しますよね。そう

「初めての楽器選び」ころっけ編

ども!スタジオスタッフのころっけです◎ 今回は、これから楽器を手に取ろうと考えている方へ届け! 「初めての楽器選び」というところにスポットを当てて進めていこうと思います! 楽器といっても、ギターやベース、ドラム、マイク、キーボード… たくさんありますよね。 これから始めようという方に限らず、どれを買ったらいいんだろう?どう選ぶものなの?と誰しも悩む問題です。 僕もベースを始めてから六年になりますが、新しいものを買おうという時にはやっぱり悩みます。 あくまで個人的視点ですが僕なりの楽器選びのコツを伝授します!! ①それなりのものを買う 最初からざっくりしてすみません。笑 でも、体感してこれが一番だと思います。 僕は大学からベースを始めました。 【大前提にあるもの】 卒業・就職したからやめる。いやいや、学校や部活ではありません。 仕事が忙しいから。休みの日に楽器を弾くという趣味もいいのでは無いでしょうか? 音楽は長く長く続けていけるものです。 期限がきたからやめるといったものではありません。 「練習したいけど長続きしないんだよなぁ」 僕は今までそういう癖があったのですが、ベースは今でも触り続けていられているのは… それなりの楽器を買ったから!!(極論!笑) もちろん好きだから続けていることができているんですけどね! 決して楽器は安くは無いですが、 物によってピンからキリまでだいたい1万円〜信じられない額のように様々です。 初めて買ったベースがそれなりの値段がしまして(一目惚れで買いました)、 せっかくそれなりの値段がかかったんだし続けないと勿体無いよな…と自らに圧をかける方法です。

「ライブバントとは」vol.2

スタッフころっけ「ライブバントとは」連載第2回目! 前回の記事はこちら 「ライブバンドとは」vol.1 今回は、バンドマンから見る共演バンドについて書いていこうかなと。 バンドのライブを見る人はお客さんだけではなく、共演のバンド(以降「対バン」と略)もいます。 たくさんのライブを見て、面白い発見がありました。 【対バンを見ないバンド=ダサいという風潮】 売れたい思考でバンドをやっている人、趣味で仕事をしながらバンドをやっている人 それぞれの考えがあってバンドが成立していると思うんですよ。 さあそこで、自分のライブの出番がやってきました。 「どうしても盛り上がりに欠けている」「いつもはもっと盛り上がるのに」 「今日はいつもより盛り上がった」 その日の出来栄えで変わるかもしれないし、実力かもしれない、 そんなのライブをしてみないとわからない。 対バンを見ないバンド意外と多いんです。 ずっと楽屋にこもっていたり、出番前まで外に出ていたり。 とにかく格好悪い。おまえら何ライブだけカッコつけてんだって。 そう思う人もいるかもしれませんね。 これは、活動のスタンスや思考によって解釈が違う問題であります。 じゃあ《対バンを見る=偉い》そうじゃないです。 楽屋はどんなふうに使うの?ライブハウスってどういう場所? 演者であればわかるはずのことを実行しない人が多いと体感しています。 (自分の出番直前まで見ろって話ではありません) フロアの前列ががら空き、お客さんが後ろの方に固まる。 「前に来いよ!」と煽るバンド。 じゃあ煽るあなたはライブの時にどのように見てましたかと。 何より態度で示すべきだと。

レコーディング・ミキシングTips Vol.1「イントロダクション」

ミネラルウォーターサウンドスタジオ 店長のうめざわです。 スタジオの店長(マネージャー)としての他に、ミネラルウォーターサウンドスタジオのハウスエンジニアを務めさせていただいております。 2018年4月からスタッフ連載企画としてスタートしていきますこの連載企画。 うめざわは、レコーディング・ミキシングに関する記事を連載させていただくことになっています。 「レコーディング・ミキシングTips」シリーズを通じて、自宅録音でも役に立つ、 スタジオで行なっている実践テクニックなどもご紹介できたらと思っています。 音楽を楽しむみなさまにとって「役立つ」記事になるようにがんばりますね! さて、早速第一回目から実践的なテクニックをご紹介したいところではありますが、前提として大事なことから扱わせてください。 ○MWSS のレコーディングプログラムでは、どんなことが行われているのか。 まず、「レコーディング」と一言でいっても、様々です。 とはいえ、大事になるのは 「レコーディング=記録」 です。 もちろん、多くの方に届けるための「作品作り」であることに変わりはありませんが、「作品作り」と意気込む前に「記録」だとおもうと、レコーディングの良さ、魅力が十二分に理解できるのではないでしょうか?? 旅行に行った時に、写真、とりますよね?? めいっぱい楽しんだ旅行。 たくさんの人にその気持ちを伝えたいですよね。 伝えるとなると、写真を友達に見せたり、ブログやツイッターといったSNSにアップしたりするのが最近だとおもいます。 「作品」を発表するのは、レベルは違うかもしれませんが、意義は同じことなのだと個人的

現役スタジオミュージシャンが教える音楽理論講座--「理論打破シリーズ」15 コードの機能について

今回は、ダイアトニックコード導き出した各コードの機能について、進めていこうと思います。 Keyとなる音階の中の音を組み合わせて、7つのコードを作りました。 そのコードはダイアトニックコードといい、Keyの調性を崩さずに使う事が出来るコードという事になります。 そしてどのコードを使う事が出来るかという事まで、前回で触れましたが、今回はコードの使いこなし方という事になります。 KeyはCメジャーでいきましょう。 出てくるダイアトニックコードは ①CM7 ②Dm7 ③Em7 ④FM7 ⑤G7 ⑥Am7 ⑦Bm7(♭5) になります。 コードには主に3つの役割があります。 トニック(T)・・・安定感・着地感が出る ドミナント(D)・・・トニックに戻る サブドミナント(SD)・・中継役 このようになっています。 起承転結で置き換えるとトニックが「起と結」サブドミナントが「承」ドミナントが「転」となります。 ただ、これは昔の音楽理論がベースになっている為、例えばドミナントからサブドミナントへの進行は、現代では普通に使われています。 この辺りが音楽理論の絶対性が揺らぐ部分でもあるのですが、元々はそういう決まりだったという認識でいてもらえればと思います。 さて、ダイアトニックコード内でこの役割は決められていて、 ①トニック ④サブドミナント ⑤ドミナント となっています。 この3つのコードをスリーコードといい、コード進行を作る際の根幹になるコードです。ブルースや古いロック、パンクなども3コードで作り上げられているものが多いです。 そしてダイアトニックコードは、Keyが変わっても特性は変わらない

「ライブバンドとは」vol.1

4月より始まりました各スタッフによるスタジオブログ連載企画◎ 私スタッフころっけは、自身のバンド活動を通じて感じ取ったことなどを記事にして連載していこうと思います! その名も「ライブバンドとは」 僕自身、ケシカケというバンドで活動しています。 昨年は年間で約70−80本のライブをさせていただくことができました。 (換算するとだいたい週1本以上のペースだった!!笑) その活動の中で経験したことなどをあくまで ”個人的に” 書き記していきます。 第一回目となる今回ですが、書き始めということでゆっくりスタートしていこうと思います。 【バンドの活動から紐解く】 私のバンドは、埼玉県越谷市を中心に活動しています。 活動のメインは埼玉県を中心に、都内や関東圏内のライブハウスへ。 昨年の遠征では福島県や新潟県などでライブをし、 半年に1度ほどのペースで、名古屋や大阪や神戸など中部地方から関西などでライブをしました。 様々な場所でのライブを経験して、ライブとは何だろうと考えるようになりました。 初めたきっかけはごく単純で、バンドってかっこいい!!やってみたい!!という気持ちからベースを手に取り練習をはじめました。 バンドに加入し、ライブ活動を本格的に始めていく中で「とにかく楽しい!」と感じました。 活動をしていく中で、5日間連続でのライブや、 初めて関西にライブをしに行く(1週間出っ放し)など、 数え切れないくらいの経験をして行く中、 苦しい!!と感じることは全くなかったといえば嘘になりますが、 それよりも楽しいことが本当に多かったです。 でも、ただ楽しいだけで活動をしていていいのだろうか?と

おすすめの記事
Recent Posts
RSS Feed
​ブログカテゴリー
Archive
  • Twitter - Black Circle
  • Facebook - Black Circle
  • YouTube - Black Circle

お電話でのご予約・お問合せ:048-758-0445   お電話受付時間:10:00〜24:00

埼玉県さいたま市 岩槻区南辻124-5

ミネラルウォーターサウンドスタジオ

© 2015 MineralWaterSoundStudio All Rights Resarved.